芝生刈り込み

本日、早朝より幼稚園の芝生刈り込みに行ってきました。

状態も良くなってきています。

園児が走り回って遊ぶので、こけてもクッションの役割もできるように、
踏圧による痛みも最小限になるようにと、芽数を多い目に管理しています。

ゴルフ場だと、失格な管理かな・・・。
かなりマット気味に管理しています。
IMGP0299_convert_20120831200811.jpg

この状態でもいいのですが、冬にむけてオーバーシードをする為、
オーバーシード用の管理に切り変えていきます。

オーバーシード・・・?
聴きなれない言葉です。

現在管理しています芝生は、冬になると休眠してしまいますので、
冬場は枯れた様な芝生になります。
ゴルフ場でいう、FwやRuffの状態、いわゆる日本芝の状態です。

でも幼稚園としては、卒園式や入学式を緑色の芝生で迎えたい・・・。
という思いから、本年度より冬でも緑色の芝生(洋芝)の、
種を播種する事になったのです。

この洋芝の種を播種する事をオーバーシードといいます。

では、オーバーシード用の管理とは・・・?
まずは、刈り高を少しずつ下げていきます。

刈り高を下げないと、せっかく播種して発芽した種の根が、
地面まで届かず、枯れてしまいます。
少しでも地面に根が届きやすくするように、芝生の密度を減らすのです。

しかし、一気に減らしてしまいますと、芝生のダメージや、
踏圧によるダメージも増えますので、
芝生の状態を見ながら、少しずつ刈り高を下げていきます。

今日は機械の調整をして、刈り込む予定でしたが、
機械が故障するというアクシデントが・・・。

後日、出直しです・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

はないちご

Author:はないちご
以前はゴルフ場勤務。
今は「イチゴ農家」
脱サラして農業2年目。
頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード