eclat エクラ 4月号

先日発売の「エクラ4月号」に掲載していただきました。
ekur (2)

昨年度から何度かイチゴを送らせていただいていた資生堂パーラー様の紹介記事ですが・・・

3月のストロベリーパフェの紹介です。
右下のパフェです。
ekur (1)

そして偶然にも、冷凍イチゴの紹介も。
ekur (3)

最初、当園には「冷凍イチゴを紹介したい」と連絡があり、
パフェの記事は全く知らされていませんでした。
というより編集者の方も当初は全く知らなかったそうです。

ところが取材を進めていくうちに、同じ農園という事が分かり、
途中で連絡を頂き、同じように凄い偶然にびっくりしました。

4月号の「エクラ」先日、3月1日に発売していますので、
機会がありましたら、是非とも見てみてください。
スポンサーサイト

昔取った杵柄 2016

今年も、幼稚園の芝生の種まきのお手伝いに行ってきました。

まずは、芝生の刈り込み。
shibahu (5)
ゴルフ場の芝生管理の仕事を辞めて、約6年ぶりに刈り込んだ芝生。
少し曲がっているような・・・ゼブラが少し曲がっています・・・。

そして種まき。
shibahu (6)
これで、冬にも真っ青な園庭になります。
shibahu (7)

そしてこの後は目砂。
砂を全体に散布します。
shibahu (2)
今年も、園児と保護者の方に手伝っていただき、約2トンの砂を散布しました。

そしてこの後はたっぷりと散水します。
shibahu (8)
これで、種まきの工程は全て終了です。

shibahu (1)
約3日後には新芽が少しずつ吹き出し、
1週間後には、何とも言えない綺麗な新芽の芝生が揃ってくると思います。

新芽の芝生を見るのが楽しみです。

Umekiki Marsye 出店

先日、大阪のグランフロントで開催されました「Umekiki Marsye」に出店してきました。
maruys.jpg

やっぱり大阪で開催されているマルシェ、設備がすごくおしゃれです。
gura (5)

テントの電球もあえて裸電球でした。
gura (6)
これはこれで、すごくいい雰囲気が出ていました。

当園はイチゴジャムとイチゴソースを販売させていただきました。
gura (2)
横は美浜町特産の「松きゅうり」
gura (3)

沢山のお客様が来ていただき、いろんな話をさせていただきました。
今回もとてもいい勉強をさせていただきました。

夕方の風景がまた綺麗で、
gura (4)
都会を感じたイベントでした。
gura (1)

Umekiki Marsye

明日、大阪グランフロントで22~24日間で開催されている「Umekiki Marsye」に出店してきます。


以前も同じ場所で別のイベントで販売させていただいた場所です。
前回は秋、少し肌寒い時期でした。
http://harunatsumk.blog66.fc2.com/blog-entry-1560.html

今回は夏の暑い時期・・・知り合いの方に出店の連絡をすると、
「アイス買いに行くね!!」と言っていただきましたが、
今回はアイスなしの、イチゴジャムとイチゴソースの販売となります。

イチゴソースは試食をたっぷりと持っていきますので、
この機会に是非、試してください。

ただひとつ心配点が・・・
そう、ぎっくり腰が完全復活していない点です。

多分、運転はゆっくり休憩しながら行けば大丈夫と思うのですが、
出店中、ずっと立ちっぱなしは無理かもしれません。

もし販売中に座っていて許してください・・・。
明日お時間のある方、是非ともお待ちしています。

恵方巻き

今日は2月3日節分の日。
各家庭で恵方巻きや豆を食べていると思います。

今年の恵方巻きの方角は南南東。


今日は子供が「今年の恵方巻きは、南南東」と教えてくれました。
でも話を聞いているとちょっとずれていまして・・・

どうも、南の方角を向いて一口。

もう一度南の方角を向いて一口。

そして最後に東の方角を向いて一口。

3口で全部食べて南南東と思っていたようです。

さすがに3口で1本は食べれんよ!!と。

でも楽しい節分でした。

中山間地域や都市近郊においてイチゴ栽培等で高収益生産を実現するために

今日は朝の見回りをした後、特急で新大阪へ。

このセミナーを受講しに行ってきました。
img007.jpg
「中山間地域や都市近郊においてイチゴ栽培等で高収益生産を実現するために」
とても長いタイトルですが、試験場等で研究開発している、イチゴの栽培技術や設備の発表会のような感じです。

イチゴ農家にとっては、とても興味津々な話ばかりでした。
ただ、導入できるかどうかは別問題・・・

イチゴの自動収穫マシンの紹介もありましたが、
機械自体に加え、設備も整備しないといけないので、
凄い金額になってしまいます。

でもそんな話ばかりでなく、身近な技術の紹介などもありました。
そんな中で、是非ともやってみたい技術もあり、
試験されている方に、もしイチゴ農家になったら、
「全生産面積の何%をその技術に変えますか?」と伺ったら、
即答で100%と答えられました。

その時にメリット、デメリットも教えてくれました。
どちらも納得できる内容で、どうすればデメリットの確率を減らせるか?
そんな話も伺うことができました。

さすがに100%をいきなり変えるのは少し無理ですが、来年から少しチャレンジしてみたいと思います。

移動ベンチで収穫ロボットにパック詰めロボット。
経費は別として凄い設備だなぁと帰りしみじみと感じていました。

発芽

10月12日に種蒔きをした園庭の芝生。
少し時間があったので、発芽状況を見に行ってきました。
shibas (2)
とても綺麗に発芽しています。
このまま思わず寝転がりたくなりました。

ここから刈り込み、肥料を入れるとどんどんよくなっていくと思います。
shibas (3)

新芽の新緑がとて綺麗です。
shibas (4)
プロフィール

はないちご

Author:はないちご
以前はゴルフ場勤務。
今は「イチゴ農家」
脱サラして農業2年目。
頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード